個人情報保護規程

1. 個人情報取り扱いについて

太田記念病院(以下「当院」)の全職員は、この「院内規則」および「個人情報の保護に関する法律」「同施行令」、厚生労働省「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」にもとづき、患者様とその関係者(以下、「患者等」という)に関する個人情報を適切に取り扱うものとします。

2. 個人情報保護の基本方針について

当院における個人情報保護基本方針は、以下に定めるところによります。

  1. 法令の遵守 当院は、個人情報の保護に関する法令及び内部規程を遵守し、保有する個人情報の適正な管理、利用と保護に努めます。
  2. 個人情報の取得 当院は、診療、看護及び患者様の医療に係る範囲において、適法かつ公平な手段によって個人情報を取得します。
  3. 個人情報の利用目的の掲示等 当院は、個人情報の利用目的について掲示または公表を行います。なお、本人から書面に記載された個人情報を取得する場合は、各種同意書などのように利用目的を明示します。
  4. 個人情報の目的外利用の禁止 当院は、保有する個人情報を「5.個人情報の利用と取り扱いについて」に規程した場合を除き、掲示または公表している目的の範囲を超えて利用しません。

3. 個人情報保護のための組織体制について

管理組織

当院では、個人情報の保護についての最高責任者であり、個人情報保護計画の策定、実施、評価、改善などのための業務について、総括的責任と権限を有する個人情報保護責任者を設置します。なお、当院の個人情報保護責任者は病院長とします。

  1. 個人情報保護責任者を補佐して個人情報保護に関する本規程を運用する管理者として、電子保存システム管理者(以下「システム管理者」という。)を置き、責任者は情報管理課長とします。
  2. システム管理者を補佐して個人情報保護に関する実務を運用する者として、情報管理課職員を充てます。

情報管理委員会

個人情報保護責任者は、病院が取り扱う個人情報の適切な保護および管理のために情報管理委員会を設置するものとし、委員長は病院長が任命します。

  1. 委員長は、病院が保有する個人情報の管理に係る重要事項の決定、連絡・調整および監視体制の充実を計るために、必要があると認めるときは情報管理委員会を開催することができます。
  2. 委員会については別に委員会規程を定めます。

事故発生時の対応

個人情報の漏洩もしくは盗難が発生した場合、または発生の可能性が高いと判断される場合には、当事者あるいは最初に事実を認知した者は速やかにシステム管理者に報告します。システム管理者は事実関係を調査し、結果を速やかに個人情報保護責任者に報告を行います。

  1. 個人情報の漏洩、紛失、盗難、滅失、き損等の事故発生の報告があった場合は、システム管理者は、漏洩、紛失、盗難、滅失、き損した個人情報の項目、内容、数量、事故の発生場所および発生状況を、速やかに個人情報保護責任者に報告を行います。
  2. 個人情報保護責任者は速やかに情報管理委員会を招集し、対応の指示を行います。
  3. 情報管理委員会は、事実関係を確認し、当該患者等へ連絡をします。

4. 個人情報の取得について

  1. 患者等から個人情報を取得する場合は、その情報の利用目的および情報を第三者へ提供する場合についてあらかじめ患者等に通知します。
  2. 通知の方法については病院内の掲示または説明文書の交付等により行います。
  3. 患者様等は個人情報保護方針に規程する利用目的に対して、異議の意思表示がない場合は、同意があったものとして取り扱います。
  4. 個人情報の利用目的に変更があった場合は、その内容について院内掲示を行います。
  5. 個人情報の取得は、適法かつ公正な手段によって行うものとします。

5. 個人情報の利用と取り扱いについて

取得した個人情報は次の各項に掲げる目的に沿い利用します。

  1. 患者等への医療提供
    • (1)病院での医療サービスの提供
    • (2)他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
    • (3)他の医療機関等からの紹介への回答
    • (4)患者の診療のため、外部医師等の意見・助言を求める場合
    • (5)検体検査業務等の業務委託・その他の業務委託
    • (6)家族等への病状説明

6. 問い合わせの窓口

当院の個人情報保護方針に関してご質問や患者様の個人情報のお問い合わせは、相談窓口でお受けいたします。