看護師を目指したきっかけはなんですか?

小さいころから人の面倒をみることがすきだったのと、高校生の時ひざのケガをして手術をしたときに、初期対応してくれた看護師さんに元気づけられたことが大きなきっかけです。
医療ドラマもみていたのでその憧れもきっかけのひとつです。

現在のお仕事内容を教えてください。

ICU/CCUに所属しており、循環動態が不安定・大手術後・急変した急性期の患者さんが入院してきます。VS測定を始め患者の全身の観察を行い、異常の早期発見と、薬剤で鎮静、挿管されている患者さんが多いので、清潔などのケアを行います。
処置や検査も多いため介助についたり、入院対応や家族対応も行います。

院内の人間関係や雰囲気はどのような感じですか?

同期とは今でも仲良くしていますし、異動先の先輩方も優しく、ICUという緊張感のある場所ですが、とても丁寧に教えてくれたり、働きやすい雰囲気があります。

病院周辺の環境はどうですか?

車で通勤していますが、近くに飲食店もあり仕事終わりにごはんに行きやすいです。田んぼが多いですが、緑があって天気が良ければ赤城山も見えて癒されます。
道路も整備されていますし、駐車場も広いので、通勤しやすいです。

太田記念病院に就職して良かったと思うことはなんですか?

助産師として入職し、ハイリスク妊婦・分娩、帝王切開などの経験ができたこと、また三次救急病院として救命救急センターがあり、救急搬送患者が多く、様々な症状の症例をみることができること、地域災害拠点病院のため、DMAT隊員になれたことです。

太田記念病院の教育、研修体制の特徴は?

ラダー別に院内研修が開催され、受講します。その他にも感染や安全対策に関する講義や研修もあります。病棟では1人につき先輩が1人つくプリセプターがいます。一緒になって業務を振り返り、アドバイスや相談もできる心強い存在です。

どのようなところに働きやすさを感じますか?

チームとして働いていると感じることが多いです。重症な患者さんを一人で対応しきれないときは、すぐに皆が駆けつけて手伝ってくれたり、患者さんの安全を第一に考えた細やかな対応がチームでできるので、業務は行いやすいです。スタッフの雰囲気も優しく、集中して取り組みながらも、笑いを交えたところも働きやすいと感じます。

大変だと感じることや苦労したことはありますか?

ICUは一般病棟とは違う薬剤や機器が多く、患者さんの重症度がとても高いです。そのため、患者さんの安全を守るためにも疾患の病態や合併症、薬剤の作用やME機器など、把握していく必要がありますが、毎日違う疾患の患者さんが来るため、追いついていくのが大変です。

DMATの資格をとろうと持ったきっかけはなんですか?

救命救急に携わっていきたいと思っており、東日本大震災を受け、実際に派遣に行くDMATの活動を知り、災害が起こった時に医療を実践する姿を受け、自分も災害時に動ける人材になりたいと強く思い、看護師として、助産師としても知識技術をつけたDMAT隊員になりたいと思いました。

DMAT隊員として、日頃はどのような活動をしていますか。

出動要請がなければ、病院内で通常業務を行っています。PCやスマホから災害発生状況や全国の広域災害救急医療情報を確認したり、資機材物品の確認、準備を行います。また研修を受けたり、災害訓練を行ったりして、知識技術の向上に努めています。出動がある場合は、医師・看護師・業務調整員でチームを組み、現場へ出動し活動を行います。

DMATの資格が日頃の看護でも役に立っていると思うことはありますか?

災害現場は様々な場所で起こるため、どんな負傷者がいるかわかりません。どんな負傷者でも正確に対応、トリアージ、処置ができるように日頃の業務の中でも患者さんを観察し、どんなことが考えられるのか、どんな検査・処置が必要なのか考えながら取り組む姿勢が鍛えられます。またもし災害が起きた場合に備え、どのように行動するべきかと行動のシミュレーションや災害マニュアルの熟知とした災害への対応力も役立っていると思います。

今後の災害支援活動に従事していく上でお考えになったことがあれば教えてください。

いつでも出動できるように自分自身の準備は必要です。看護師として助産師としても、自己研鑽していくことが大切だと思います。災害にも様々な種類があります。その災害に応じては特殊な対応をしなくてはならない時もあるので、研修を受けていきたいと思います。

看護をする上で大切にしていることはなんですか?

患者さんは自分の家族だと思って接します。

どのような看護師を目指していますか?

救急看護、産科領域に精通し、DMAT隊員としても災害現場で活動できる看護師を目指します。

休日の過ごし方を教えてください。

夜勤もあるため、録画していたTVを観たり、買い物に行ったりします。夜勤等で体が疲れているときは家でゴロゴロすることが多いですが、休みが連休になれば旅行にもいきます。

太田記念病院にはどのような人が向いていると思いますか?

三次救急病院であるので、急性期の患者さんが多いです。もちろん忙しいですが、向上心と探求心がある方が向いていると思います。

今後のキャリアプランや目標を教えてください。

今後は日本DMAT隊員の資格をとれるように、日々自己学習と産科救急や外傷看護の研修を受けていきたいと思います。

看護学生や看護師の皆さんへのメッセージ


ぜひ一緒に働きましょう!

施設見学
インターン
施設見学
インターン