太田記念病院に入職を決めた理由は?

まず自宅から通勤しやすい距離だということが大きな理由ですね。それから、看護師教育にクリニカル・ラダーを採用していて、学習を継続していける病院だと感じたのも理由のひとつです。

クリニカル・ラダーの魅力は、自分のレベルに合った学習を継続していけるところです。また実際入職してみると、糖尿病療養指導士や呼吸療法認定士の資格取得についても、有資格者が沢山いてアドバイスを聞きやすい環境でした。
病棟主催の勉強会も定期的にあり、勉強できる環境です。

現在の仕事と生活について

消化器内科、内分泌内科、呼吸器内科の病棟なので、輸液の管理や検査の介助、日常生活の援助・指導を中心とした仕事をしています。
スタッフ同士はとても仲がよく、働きやすい雰囲気です。みんなで協力しあい、早く帰れるように毎日頑張っています。医師やコメディカルとの関係性も良く、連携が図れています。

仕事は忙しいですが、元気になり退院していく患者さんや、入院中からの関わりでインシュリンやドレーン管理の技術を身につけて、不安なく退院されていく患者さんの姿を見ると大きなやりがいを感じますね。
将来は臨床に力を入れて、患者に寄り添った看護ができる看護師になりたいと思っています。

オフの日は、やはり家族の支えがあって仕事を続けられているので、家族サービスを心がけています。

仕事と育児の両立はどうですか?

子どもの行事や都合に配慮してシフトを組んでもらえるので、園や学校の行事に無理なく参加できます。また、毎月必ず土日の休みを入れてもらえるので、子どもとの時間をしっかり確保することができています。
院内保育所では夜7時まで保育してもらえます。

環境という面では、病院のある太田市には第3子の保育料無料支援や、「ぐんまこどもの国」や「北部運動公園」など子どもが遊べる施設もあり、自然も多いので子育てするには良いところだと思います。

看護学生や看護師の皆さんへのメッセージ

救急指定病院の為、多忙ではありますが、ドクターヘリの着陸件数も多く、たくさんの経験を積むことができる現場です。
常に学習できる教育システムがあり、院内保育園もあるので、結婚・出産後も働き続けられる環境です。
いつも元気で、まわりも明るくしてくれるような方をお待ちしています。