太田記念病院に入職を決めた理由は?

看護学生の時に太田記念病院で実習を受けた際、病院の雰囲気のよさを感じたのがきっかけです。
とても熱心に指導していただきました。また実際に看護師の皆さんが働く姿を見て、私もこの病院で働きたいという思いが強まりました。

教育体制が充実しているのも魅力でした。実際教育プログラムを受けてみると、それぞれのキャリアラダーで目標が明確に決まっていて、目標に応じた研修を受けられるので、知識をすぐ実践に活かすことができます。効率よくレベルアップできるシステムだと思います。

現在の仕事と生活について

主な仕事は清拭やシャワー浴、口腔ケアなど日常生活援助、検査の介助や送迎などです。腎臓や膀胱の手術前後や、血液透析や腹膜透析を必要とする患者さんとの関わりが中心ですね。ほかに、新人指導やリーダー業務、所属している委員会活動もあります。

まだまだ自分の未熟さを実感することが多いですが、患者さん・家族との関わりを通じて、看護の楽しさを感じることができ、看護師として成長させてもらっていると思います。患者さんやご家族の笑顔を見たり、「ありがとう」などと言葉をかけてもらえたりした時は看護師になってよかったと思いますし、それがやりがいでもあります。

未熟なことが多く、課題はたくさんありますが、今は糖尿病と腹膜透析を必要としている患者さんを支える看護ができるよう、知識と技術の習得に努めていきたいと考えています。

休日は友達や同期・職場の先輩と、食事や旅行に行きます。
看護師は体力を使う仕事なので、家でのんびり過ごすことも多いです。

どのようなところに働きやすさを感じますか?

職場環境・人間関係が良いことが一番だと思います。同期入職が多いので、励ましあったり支えあったり、顔を見るだけで笑顔になれるし、安心します。
院内では、みなさん気持ちよく挨拶してくれますし、対応も丁寧で、雰囲気は良いと思います。医師や他職種とのコミュニケーションや連携はとても大切なので、良い関係が保てるよう心掛けています。

また、「思いやりの心で行う医療」という病院理念を職員全員で共有していて、患者さんのことを一番に考えて働こうという意識の高さがあるのも働きやすさを感じられる理由のひとつですね。

病院のまわりは自然が多く、四季が豊かに感じられるところも気に入っています。病室の窓からは山と田んぼが見えますよ。

看護学生や看護師の皆さんへのメッセージ

患者さんのことを一番に考えて、一緒に悩んだり、相談したり、支えあえたら、より良い看護が提供できると思います。お互いに成長しあえる環境で働きたいですね。
看護師は体力的・精神的に大変なことが多いですが、人との関わりを肌で感じられる素晴らしい経験ができます。是非頑張ってください!